金沢市で地域密着型の急性期病院を展開しています。
医療法人社団 中央会 金沢有松病院

令和元年度 金沢有松病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 16 41 36 83 151 278 491 530 228
令和元年度中に当院を退院した患者様の年齢階級は上記の通りとなります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 33.55 17.71 0.00% 81.02
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 2.73 3.01 0.00% 71.58
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア1 34 29.97 13.48 2.94% 86.65
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 25 7.08 5.01 0.00% 73.08
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 24 11.42 5.39 0.00% 67.08
循環器内科の、虚血性心疾患や末梢動脈疾患に対するインターベンション治療には定評があり、地域の中心的役割を果たしています。
腎臓内科では、慢性腎臓病に腎保護と心血管保護を目指した総合的治療を行っています。併設の透析センターでは血液透析だけでなく、血漿交換、免疫吸着などの血液浄化療法も行い、専門知識を持った看護師、管理栄養士、臨床工学技師も治療・指導にあたっています。
肝臓内科ではB型・C型肝炎のインターフェロン治療、肝癌の肝動脈塞栓術と経皮的エタノール注入療法も行っています。また、その他の肝疾患も総合的に診療しています。
消化器・内視鏡内科では胃・大腸のポリープを主とする内視鏡治療も含め、全ての消化器疾患を診療しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 54 2.54 2.63 0.00% 66.5
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 15.91 8.89 3.03% 74.48
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 25 11.4 7.65 0.00% 60.84
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 22 9.18 7.38 0.00% 42.18
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 21 14 5.39 4.76% 63.86
最新の内視鏡システムを駆使し,経鼻内視鏡・拡大内視鏡・特殊光による内視鏡検査や早期がんの内視鏡手術も行っています。
また、従来の手術法に加え、腹腔鏡下手術など内視鏡を駆使した最新の低侵襲手術を積極的に導入しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 21 46.52 19.4 0.00% 77.95
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 55.05 12.16 5.0% 78.95
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 15 82.93 25.94 0.00% 80.13
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 副傷病なし 14.43
070230xx99xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 手術なし 13.58
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 48 16.33 8.52 0.00% 75.08
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 44 2.34 2.49 0.00% 69.52
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし 12 7.25 9.33 0.00% 80
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病なし 12 4.17 4.22 0.00% 76.83
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 11 10.73 7.25 0.00% 77.73
対象疾患は、前立腺疾患、尿路結石症、尿路感染症など多岐にわたります。
最近ではGreenLightレーザー療法も導入し最先端治療を取り入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 41 1 7
大腸癌 13 24 10 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 103 30.71 78.62
重症
超重症 16 40.0 81.69
不明
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎です。
A-DROP指標で評価したものとなります。
主な年齢層は80歳代となっており、早い段階で入院治療を行っています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 28 82.82 79.71 5.71%
その他
当院では、緊急性のある疾患に迅速に対応できるよう、常時CT、MRI、超音波検査等ができる体制を整えています。
また、緊急読影のシステムにも対応しており、必要時に応じてスピーディーな診察診断を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 29 0.28 7.14 0.00% 61.48
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 15 6.27 10.2 0.00% 68
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 13 0.77 2.31 0.00% 71.08
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K610-3 内シャント設置術
心臓カテーテル検査など全身の血管を映し出す装置を用いて、検査のみならず、血管の細くなった部分を拡げる治療も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 61 1.77 1.9 0.00% 67.97
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21 5.29 10.38 0.00% 61.05
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14 1.64 10.43 0.00% 69.86
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 13 0.15 6.54 0.00% 35.38
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 12 1.17 6.83 0.00% 64.58
当科の特徴として挙げられるのは手術用カメラを使用した腹腔鏡手術,胸腔鏡手術に力を入れているところです。
一般の病院で行われる胆嚢摘出術ばかりでなく,食道,胃,胆管,膵臓,脾臓,肺,卵巣,腸閉塞などにも低侵襲手術を数多く施行しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 16 13.75 61.13 0.00% 81.56
K0462 骨折観血的手術(前腕) 15 0.2 19.67 0.00% 65.6
K0463 骨折観血的手術(足)
K0811 人工骨頭挿入術(股)
K093 手根管開放手術
小さな手術から大きな手術まですべてに対応しており、分野は多岐に渡ります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 48 3.4 12.13 0.00% 75.54
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 22 1.36 22.59 0.00% 79.41
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 0.92 2.85 0.00% 75.85
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他)
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
内視鏡にて多岐に渡る手術を行っています。
最近ではGreenLightレーザー療法も導入し最先端治療を取り入れています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 1.56%
異なる
当院は、手術や処置を行う際は、合併症を起こさないよう細心の注意で施行しています。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者様に説明をした上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2020/9/30
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

Homeへ戻る


Copyrightc 2008 Kanazawa Arimatsu Hospital All Rights Reserved.