診療科のご案内(外科のご案内)


一般的に行われている手術は数多く手がけていますが,当科の特徴として挙げられるのは手術用カメラを使用した腹腔鏡手術,胸腔鏡手術に力を入れているところです。これらの手術は低侵襲手術と呼ばれ,傷が小さく,入院期間も短く,患者様への負担が少ない手術であり,近年急速に普及してきています。
一般の病院で行われる胆嚢摘出術ばかりでなく,食道,胃,胆管,膵臓,脾臓,肺,卵巣,腸閉塞などにも低侵襲手術を数多く施行しています。

また、 臍からの傷のみで行う単孔式腹腔鏡下手術も行っています。


対象とする臓器および疾患(代表的なもの)


 消化器疾患

・ 食道ガン,食道良性腫瘍,食道裂孔ヘルニア
・ 胃ガン,その他の胃腫瘍
・ 胃十二指腸潰瘍穿孔
・ 胆石症,急性および慢性胆嚢炎,胆嚢癌
・ 総胆管結石,胆管癌
・ すい臓ガン,その他の膵腫瘍
・ 肝ガン,その他の肝腫瘍
・ 腸閉塞症
・ 急性虫垂炎
・ 大腸ガン,直腸ガン,炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病など)
・ 肛門疾患(痔核,痔ろう,裂肛,肛門狭窄など)
・ 脾臓,副腎疾患

 呼吸器疾患
・ 自然気胸
・ 肺ガン
・ 縦隔腫瘍

 乳腺疾患
・乳がん
・良性乳腺疾患

 血管外科
・ 腹部大動脈瘤
・ 閉塞性動脈硬化症
・ 下肢静脈瘤
・ 透析用シャント造設

 甲状腺など
・ 甲状腺ガンおよびその他の甲状腺腫
・ 甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)
・ 副甲状腺機能亢進症

 その他
・ 鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)
・ 腹壁瘢痕ヘルニア
・ 体表のできもの
・ リンパ節などの生検