病院概要/病院の沿革


 地域の要望から生まれた病院
昭和58年6月、金沢市の中心部に近い田園地帯の区画整理事業と道路整備事業を機に、当地の土地区画整理組合と地域住民の「病院を誘致したい」との要請が当時金沢大学付属病院在籍中の現理事長になされ当院が開設された。故に、当初から地域における当院の役割・機能を『地域医療、救急医療そして住民の健康管理・福祉に貢献し、患者様に信頼され安心して診療を受けられる24時間体制の病院を目指す』とし、住民のニーズに沿った診療科の増設や設備・機能を漸次、充実させてきた。

 沿革
昭和58年6月13日 108床の個人病院として内科・外科中心の2人常勤医で開設
昭和59年4月 頭部CT導入
昭和60年9月 医療法人社団有松中央病院に組織変更
昭和63年4月 第2期工事(増築) 32床増床し、140床となる
昭和63年8月 全身CT、血管撮影装置導入
平成8年4月 第3期工事(増築) 透析センター開設、MRI(1.5テスラ)装置導入、内視鏡センターおよび リハビリテーションセンター拡充
平成9年4月 ディケアセンター開設、ヘリカルCT導入、連続血管撮影装置(心血管対応)導入
平成11年4月 居宅支援事業所ありまつ 開設
平成12年4月 泌尿器科増設
平成12年4月 マンモグラフィー導入
平成13年4月 オーダリングシステム導入
平成13年6月 体外衝撃波結石破砕装置導入
平成14年8月1日 金沢有松病院に名称変更
平成16年4月1日 皮膚科増設
平成16年7月 皮膚科にメディカルエステ部門を新設
平成18年8月 病院機能評価による認定(Ver4)
平成17年12月 医療法人社団中央会「金沢有松病院」に組織変更
平成18年4月 お年寄り地域福祉支援センターありまつ開設
平成19年3月 7:1入院基本料適用
平成19年7月 皮膚科メディカルエステ専門施設「メディカルエステARIMATSU新館」開設
平成19年9月 高機能64列マルチスライスCTおよび最新型血管撮影装置導入
平成21年7月 診断群分類包括評価DPC請求開始
平成22年4月 社会福祉法人 中央会 設立
平成22年7月 外来化学療法室を新設
平成22年8月 病院機能評価による認定更新(Ver6)
平成22年9月 社会福祉法人 中央会 特別養護老人ホーム ゆうけあ相河開設
平成23年3月 皮膚科メディカルエステ専門施設「メディカルエステARIMATSU」閉館
平成23年11月 介護部を別館に移設、介護ショップありまつ開設
平成24年3月 3テスラMRI装置導入
平成24年3月 病院全面改修工事
平成26年1月 電子カルテシステムへ移行
平成26年8月 在庫管理支援システムSPD導入
平成26年9月 地域包括ケア病棟新設
平成26年11月 グループホームゆうけあ相河開設
平成27年9月 病院機能評価による認定更新(3rdG:Ver.1.1)